英語を習得したいなら英会話教室に通おう|スクールの特徴を紹介

慣れ親しんでおくために

小学生

将来につながるメリット

近年では小学生の多くが、英会話スクールや英語塾に通っています。なぜなら、小学校では5年生から教科としての英語学習を開始することが決まったからです。以前は学校での英語の授業は、中学生からとなっていたのですが、これが2年ほど前倒しになったのです。高校や大学の受験科目には英語があることが多く、さらに近年では就職試験でも、英語力が問われるようになってきました。そのため文部科学省は、国語や算数のように、小学生のうちから学習を開始することが良いと判断したのです。また、日本語のみを聞いて育つと、その他の言語の発音や文法が、耳や頭にスムーズに入ってこなくなることがあります。これは、外国語学習においては大きな妨げとなります。しかし、まだ耳や頭が成長過程にある小学生のうちに外国語に慣れておけば、それだけ後の学習の効率が良くなります。そのことからも、英語の早期学習が肝心とされているのです。実際に現在の小学校では、外国語活動が進められています。正式な教科ではありませんが、外国語に慣れ親しむきっかけにはなります。これが近い将来に正式な教科となるのですから、小学生にもその保護者にも、英語学習はますます無視できない存在となっています。早期の英語学習は、高校受験や大学受験、就職試験での合否はもちろん、就職後の出世をも左右する可能性があります。こういった将来的なメリットから、スクールや塾に通う小学生、通わせる保護者は、どんどん増えています。

Copyright© 2017 英語を習得したいなら英会話教室に通おう|スクールの特徴を紹介 All Rights Reserved.